2011年09月01日

Struggle with writing

“闘う文化人類学者”
“Ultimate weapon of cultural anthropology”
“「サピア・ウォーフの仮説」に終止符を打つ漢”
らの異名を持つオカモト・マサヒロ氏がココルームに漂着就職して一年になりました。
下記の画像は、その節目となるエッセイを執筆している氏の勇姿を捉えた一枚です。
畢生の大作に期待しましょう。


「難筆―金魚たちは睥睨する」
BW-RIMG0064_iPiccy.jpg

posted by Gazzzel at 10:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。